• ホーム
  • 結婚しても避妊薬を飲めば若年性更年期を改善できる

結婚しても避妊薬を飲めば若年性更年期を改善できる

結婚すると子供をもうけることを視野に入れて、避妊薬の服用を止める人が多いです。
しかし結婚後すぐに妊娠を考えていない場合は、避妊薬を服用することで、若年性更年期を予防したり改善したりできます。
若年性更年期とは20代~30代の女性が過度なダイエットやストレス、不規則な生活によって卵巣の機能が低下したり、ホルモンバランスが乱れることで更年期と同じ症状が出ることです。
月経不順やイライラ、不眠などがありますが、これらは月経前にも現れることがあります。
若年性更年期になれば、結婚して子供が欲しいと思っても妊娠しにくいことがあるので、医師の診察を受けて改善します。
医療機関では、問診や血液検査が行われます。
人によっては薬物療法などを行わずに生活習慣の見直しだけでホルモンバランスが整うことがあります。
もし卵巣の機能に異常がある場合は、避妊薬を服用して治療を始めます。
避妊薬は女性ホルモンでできているので、服用するとホルモンバランスが安定して避妊の目的以外でも40代以前の女性に用いる機会が増えています。
避妊薬は副作用が強いと考えられやすいですが、最近は低用量が主流になっており、10代のニキビ治療に使えるほど安全性が高くなっています。
医師の指示に従えば、ひどい副作用に悩まされることはありません。
若年性更年期はあまり他人に知られたくない病気ですが、きちんと医療機関を受診して薬を処方してもらうのが良いです。
避妊薬は個人輸入で購入することは可能です。
しかし年に2回は婦人科などで血液検査を行い、卵巣の機能を検査するので、自己判断で服用するのはおすすめできません。
妊娠を考え始めたら、医師に伝えて服用を中止します。